永久脱毛不可?脱毛サロンの光脱毛には効果がある?

光脱毛

光を使って脱毛をする技術が浸透したことによって、誰でも気軽に脱毛サロンに足を運んで脱毛ができるようになりました。それこそ、針を使って1本1本処理をしていた一昔前に比べると、価格もスピードも痛みも雲泥の差です。

施術を重ねることで少しずつムダ毛の量が減り、綺麗になっていく過程を観察するのを楽しみにしながら脱毛に通っているというかたがたくさん見られます。

ところが、脱毛サロンの広告をよく見てみると、決して「永久脱毛」とは謳っていないことに気がつくでしょう。その通り、脱毛サロンでは永久脱毛ができません。

まず、永久脱毛を行えるのは医療機関のみで、レーザー脱毛、もしくはハリ脱毛で可能な施術です。毛根にある毛乳頭や毛母細胞を破壊することによって、脱毛が完了してから1ヵ月後に2割以下の再生率に留める効果が得られるのが永久脱毛だと定義されています。

この毛乳頭を破壊するという施術が医療行為になるため、エステティシャンしかいない脱毛サロンでは永久脱毛が行えません。一部、ハリ脱毛を扱える有資格者のいる脱毛サロンがありますが、少なくともフラッシュ脱毛のみを取り扱っている脱毛サロンでは永久脱毛は不可能です。

それならば、脱毛サロンの脱毛には効果はないのか、という心配も出てくるでしょう。たしかにフラッシュ脱毛では永久脱毛は不可能ですが、施術に利用されている光と医療機関のレーザー脱毛のレーザーには、ムダ毛にアプローチする方法に大きな違いはありません。

異なるのは、光の強さと種類です。脱毛サロンのフラッシュ脱毛は拡散する性質があり、1ヶ所に集中して強いダメージを与えることができず、細胞を完全に壊すことはできません。ですが、ダメージを蓄積させることでムダ毛が生える働きを弱めることができます。

脱毛サロンの施術は医療機関のレーザー脱毛よりも完了まで回数が多くかかるといわれていますが、1回の効果が小さいのがその理由です。しかし、回数を重ねれば少しずつムダ毛が生えてこないように働きを抑えることができます。

また、永久脱毛こそできませんが、脱毛サロンだからこそのメリットも豊富です。たとえば、美の専門店であるエステサロンでは、脱毛時に美容効果の高いローションを使ってケアをしてもらえたり、
フラッシュの光自体に美肌効果を謳っているものがあるなど、綺麗になるために効果的な施術が受けられるのが魅力となっています。

最もシェアが大きいIPL脱毛は元々フェイシャルエステで利用されていた光で、脱毛効果を得ると同時にシミが薄くなったという副次的な変化を感じているかたが少なくありません。

ジェルを塗りながら照射をするSSC脱毛は保湿効果が高いことから、乾燥肌に悩んでいるかたには最適でしょう。いずれもレーザー脱毛に比べて痛みが少ないというのもポイントです。

可能な限り刺激を感じない施術を受けたい、痛みがストレスになって脱毛できなくなってしまう心配があるというかたにも向いています。

快適な施術を受けながらムダ毛以外の肌の悩みも解消することができる上、全国各地に店舗を展開しているサロンも多いことから、どこに住んでいても利用しやすいというのもメリットの1つ。

キャンペーンが頻繁に開催されていてリーズナブルですし、初めて脱毛を検討をしているというかたにとってはハードルが下がり、より通いやすいでしょう。脱毛サロンでも、自己処理が必要ないほどツルツルの肌を作ることは十分にできます。

効果が出やすいように、毛周期に合わせてコンスタントに照射を続けること、肌のコンディションを整えてムダ毛を生えにくい状態にするためにしっかりと保湿ケアをすること、照射の妨げになるので日焼けをしないことも大切です。

こうした脱毛サロンの脱毛と永久脱毛の違いを知った上で、綺麗になる方法を考えていってください。

SNSでもご購読できます。